家庭のトラブルを解消しよう!

家庭内のさまざまなトラブルを解消するお役立ちブログです!


  • 読者登録

  • Follow
  • 子供が勉強しない! 継続・習慣化の大切さ

    「子供が勉強しない」にどう対処するか

    毎日のように子供に「勉強しなさい!」と怒っているうちの嫁!

    しかし、一時はいう事をきいて勉強しても、すぐにだらだらモードになってしまい、結局もとの木阿弥に…。

    さすがに小学生とは違い中学生になると学校だけでの勉強では追いつかず、成績も下がってきてしまいました。

    さて、親としてここでどういう行動をとるか!

    「超絶頑張るおとうさん」の腕の見せ所です!

    f:id:fumusuroblog:20190813094838j:plain

    子供が勉強しない

    誘惑が多すぎる今の子供たち

    いつもいつもアニメを見ているかゲームをしているまたはYoutubeを見ている私の子供たち。

    放っておいたらいつまでもいつまでもこの3つのループが続き、ついつい「勉強したの?」と言ってしまいます。

    それでも、小学生のうちは何とか点数を取ってきました。

    しかし、中学生になると、やはり勉強も難しくなってくるのか、成績が落ちてきました。

    それどころか他の普通の生活においても支障をきたしてきました。

    ・夜中遅い時間まで夢中になってゲームをして朝起きられない。

    ・学校で寝ている。

    ・視力が落ちてきている。

    ・テレビを見ている途中、車でドライブ中、ひどい時は食事中でも携帯ゲーム機を離さない

    ここまで来ると依存症の疑いまで出てくるので親としては放置しておけません。

    思い切ってすべてのゲーム機、スマホ、タブレット端末を一度没収しました。

     あまりにもひどいから一回ゲーム機を没収します!

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    勉強しないのは本当にゲームが原因だろうか?

    最初は「退屈だ」とか「やる事がない」とか言っていた子供たち。

    しかし、日にちが経過するとだんだんと言わなくなりました。

    ゲームがない事にも慣れてきて、以前のように異常な3ループから少しだけまともになったようです。

    親としては、このことで少しでも自分から机に向かってくれることまで期待していました。

    しかし、ゲームををするはずだった時間が、自主的に勉強にあてがわれることはありませんでした…。

    相変わらず親が「勉強しなさい」と言い続けなければならない毎日。

    この経験から、子供が勉強しないのは、ゲームだけが原因ではないようだという結論に達しました。

    勉強が苦痛なものになってしまっている

    子供は「勉強しなさい」と言われるたびに嫌な顔をして、しぶしぶ机に向かいます。

    集中している様子は全くありません。

    だらだらと長い時間かけても、勉強ははかどっていないようです。

    そして、「勉強しなさい」というたび、反抗期に入っている長男もなんだかんだ口を返すようになってきました。

    嫁と親子喧嘩のようになってしまう事も珍しくはありません。

    どうも悪い方へ悪い方へと向かって行っているようです。

    がむしゃらに勉強することを望んでいるわけではありませんが、せめて少しでもやる気

    を見せてくれたら…。

    子供に勉強するように仕向ける一般に言われる方法

    ネットや本などを見ていると、次のような方法で、子供のやる気を導く方法が乗っています。

    一般に言う「勉強しなさい」を止めるという事

    「勉強しなさい」と言われた子供は

    押しつけられた感じになり反抗心が芽生える

    勉強をいやいややるようになる

    それを繰り返していくうちに苦痛の心理が先行してしまうようになる

    結果勉強嫌いになってしまうパターンが多いようです。

    しかし、これははっきり言って「子供による」と感じます。

    実際、何か月か「勉強しなさい」と言わないようにしたときがありました。

    その期間、うちの長男はほとんど机に向かう事はありませんでした。

    一般に言う「知ることの楽しさ」を教えるという事

    人間は、知的生物であります。

    「知りたい気持ち」「探究心」「知識を得た時の喜び」は生まれながらに持っているものだと言えます。

    だったらうまく誘導してその気持ちを勉強に向けさせるのです。

    これがうまくいけば、勉強に対する問題が、一気に解決します。

    しかし、そんなに簡単にいかないのがうちの子供たち!

    興味を向けようとしても「興味なーい!」と言われて終わりです。

    本当に、ゲーム、アニメ、お菓子しか興味がないのかと思うぐらいです。

    うーむ、なかなか手ごわいうちの子供たち!

    面白い映画やるから、一緒に見るか!

    うーん…今日は気分じゃないかな!

    芸術家みたいなこと言わずに、一緒に見ようよ!

    …ごめんなさい。またの機会に!

    一般に言う「勉強することの意味」を教えるという事

    いい学校に進学していい会社に入社すること。

    これが今まで「なぜ勉強するのか?」に対する多くの親の答えだったと思います。

    「勉強しないといい高校、大学に進めないよ!」

    「勉強しないといい会社に入れないよ!」

    「いい会社に入ったら生涯困らないよ!」

    しかしこれは、今までの日本の社会が[終身雇用制]を保っていたから言えることです。

    これからの日本はいい会社に入れたからと言って「一生涯安定」という訳にはいかないでしょう。

    子供も色々耳にすることもあれば、「勉強していい会社に入る」という目的は以前よりも理由としては弱く、薄くなってしまうように思います。

    一般に言う「親が学ぶ姿勢を見せる」という事

    私は、毎日毎日ブログ書きに没頭する毎日です。

    パソコンや書籍等で調べ物をして、ブログを書く。

    副収入を得たい気持ちもありますし、調べて書くことによっていろいろと知る事ができる。

    それこそ「勉強」のつもりでやっていることもあります。

    私が言うのもなんですが、なかなか頑張って、よくやっていると思います。

    しかし、だからと言ってその姿を見て、子供たちが何か感じているかと言われると「???」です。

    自分は自分、親は親、そういうスタンスを取っているように見えます。

    「おとうさんがいつも机に向かっているから、よし!俺も!」とはならないと実感として思います。

    f:id:fumusuroblog:20190813110234j:plain

    おまえもがんばれよ!

    親が子供に「勉強しなさい」という意味

    「勉強しなくても生きていける」これは間違いありません。

    しかし、親としては、いざ子供が「将来なりたいもの」が見つかった時に、今までの成績から諦めなければならない、という事は避けたい。

    何もわからない子供に、気がついたらある程度選択肢のある現状であったという状況は作っておいてやりたい。

    しかし、そんな親の思いは子供には届きにくいです。

    今の世の中は楽しい事がたくさんありますから。

    怒られて一日二日は机に向かっても、その後はまただらだらと勉強を後回しにしてしまいます。

    勉強を何日かやったとしても、すぐに目に見えて成績が上がるわけではなく、テンションが下がってしまうように見えます。

    じゃあどうするか?継続すると結果が出るという事を教える

    あれこれ考えた結果、「継続する力」を身に着けさせるのが一番という結論に達しました。

    私が会社から帰って食事までの1時間~2時間は、ブログ書きをする私の横で机を並べて一緒に勉強する。

    わからない事があったらその場で聞けるし、私もわからなかったらパソコンで調べられる。

    すぐ横に集中している人がいれば、自分もある程度は集中せざるを得ない。

    そして、長い間やっているうちにそれが習慣化して、子供に身についていく。

    これを試してみようと思いました。

    これで成績がもし上がれば、継続・習慣の大切さ、そのことによって必ず結果は出るという事を教えられると考えました。

    そして、あらゆる社会生活において、継続、習慣は最強の武器であることを教えたい!

    現在、このスタイルで親子ともども一つの部屋で「継続・習慣化」を試している最中です!