家庭のトラブルを解消しよう!

家庭内のさまざまなトラブルを解消するお役立ちブログです!


  • 読者登録

  • Follow
  • ミネラル 体の調子を整える栄養素

     

     

     

     

    ミネラルの重要性

    ミネラルは、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンと並ぶ5大栄養素です。

    炭水化物、脂質、タンパク質の消化吸収を助けたり、歯や骨の形成、血液の循環などに役立ったりしています。

    ミネラルは人の体内で作ることはできません。

    したがって、その全てを食事から摂取しないとなりません。

    足りなくなると体に不調をきたします。

    しかし、摂取しすぎてもよくありません。

    ミネラルを知ることで、健やかな身体を作りましょう!

    必要量が少なくても重要な役割を果たすミネラル

    人の身体に必要なミネラル分は量的には少量ですが、正常に活動するには無くてはならない栄養素です。

    人の身体を作っている元素は、

    酸素 人の身体の約 60%

    炭素 人の身体の約 23%

    水素 人の身体の約 10%

    窒素 人の身体の約 3%

    ☆ミネラル分(カルシウム、カリウム、リンなど) 人の身体の約4パーセント

    であり、身体の構成物質として組み込まれています。

    たったの4パーセントと言うなかれ。

    この4パーセントが炭水化物、タンパク質、脂質の消化、吸収に欠かすことのできない成分です。

    さらに、身体の調子を整える、身体の各組織の働きをスムーズにする、歯や骨を形成するなど生命を維持するために必要不可欠なものです。

    しかし、このミネラル、人間が自分の身体で作ることはできません。 

    体内で合成する事ができないため、全て食物から摂取しなければなりません。

    しかし、がむしゃらに取ればいいというものでもなく、ミネラルには適正量があり、欠乏しても過剰摂取してもよくありません。

    不足すると身体の調子、悪くなるけど、摂りすぎると過敏症や中毒になるってさ!

    …うーん…むずかしいところだねぇ…!

    人の身体に必要な16種類のミネラル

    人間の身体に必要なミネラルは「必須ミネラル」と呼ばれ、その種類は16もの数があります。

    さらに必須ミネラルは100ミリグラムの摂取量を目安に

    ・主要ミネラル と

    ・微量ミネラル

    に分けられます。

    主要ミネラルは一日の摂取量が100ミリグラム以上、微量ミネラルは一日の摂取量が100ミリグラム未満となります。

    それぞれのミネラルを上げると

    ・主要ミネラル(7種類)

    カルシウム  骨や歯を作る

    リン     骨や歯を作る補助、筋肉機能の補助

    マグネシウム 心臓、血管の機能の調整

    硫黄     たんぱく質の働きの手助けをし、肌や爪、髪を健康に保ちます
           不足すると 皮膚や爪のトラブル、脱毛などを引き起こします

    カリウム   細胞のミネラルバランスを保つ役割があります 血圧を調整する役割があります

    ナトリウム  胆汁や膵液、腸液などの成分になります 体液の濃度を保つ役割をします

    塩素     消化吸収のための胃液や膵臓の膵液の分泌、活性化の手助けをします
           不足すると  食欲不振、消化不良を起こします

    ・微量ミネラル(9種類)

    鉄      赤血球の材料。血液の流れに乗り酸素を運ぶ 不足すると貧血になる

    亜鉛     味覚を正常に保つ役割

    銅      鉄を吸収する手助けをする。メラニン色素の生成酵素の材料になる

    マンガン   炭水化物、脂肪、タンパク質の消化吸収を助ける 体内の酵素を活性化する役割

    クロム    糖分の代謝を正常に機能させる手助けをする

    ヨウ素    甲状腺ホルモンの成分になる

    セレン    過酸化脂肪の分解酵素になる

    モリブデン  尿酸の関係酵素になる

    コバルト ビタミンB12を構成する元素のひとつです。

    いっぱいありすぎて全然覚えられない…

    全部覚える必要はないよ!重要なのは、好き嫌いせず何でも食べる事!

    わかった!じゃあ全部覚えなくていいね!

    せめてカルシウムくらいは覚えようか!日本人はカルシウム不足になりがちだからね!

     

    ミネラルが多く含まれる食品

    ミネラルが多く含まれる食品を各ミネラルごとに上げてみました。

    f:id:fumusuroblog:20190824181459j:plain

    ミネラルを含む食品

    カルシウム  牛乳 小魚 小エビ 大豆食品

    リン     プロセスチーズ ちりめんじゃこ きのこ類 

    マグネシウム 海藻類 緑黄色野菜 大豆食品 そば

    硫黄    牛肉 レバー 魚類 緑黄色野菜   

    カリウム   穀類 緑黄色野菜 豆類 果物 芋類 きのこ類

    ナトリウム  味噌 海藻類 食塩 醤油 

    塩素   食塩 海藻類 オリーブ       

    ・微量ミネラル(9種類)

    鉄   赤身肉 レバー あさり 魚介類  パセリ   

    亜鉛   牛肉 卵 牡蠣

    銅    牛レバー 小エビ 煮干し ナッツ類 イカ  

    マンガン 海藻類 穀類 香辛料 緑茶 

    クロム  海藻類 パセリ パプリカ

    ヨウ素  魚介類 海藻類   

    セレン  肉類、魚類 穀類 卵、乳類、穀類

    モリブデン豆類 レバー チーズ

    コバルト 豆類 木の実 香辛料

    様々なミネラル分が、様々な食品に含まれています。

    ミネラルの要素と食材をひとつひとつチェックして、補給するのもありです。
    が、それよりも、あらゆる食材を好き嫌いなくまんべんなく食す方が楽そうですね!

    料理をバランスよく計算して作って、あらゆるものを食べたら栄養が不足することもないよね!

    …そうかもだね…

    …はーい…

    かたよった食べ方を、しない事だね!

    おとうさんも、おやつばっかり食べない事ね!

    …はーい…